banner

謝罪の仕方


日本人は欧米人や隣国と違い簡単に自らの過失に対して、謝ることが出来る国民です。
すみませんと誤ったことが、後々の問題になろうとです。
ところが、交通事故に関しては中々謝罪仕様としません。
謝ったら負けを認めることになるからという考え方が、ドライバーの頭に染み込んでいるようです。
一部の保険会社も被害者に接触させないところがあるようです。
確かに、謝罪が完全に非を認めたと取られ、全部に責任を押し付けられると面倒なことになるのですが、過失度合いはどうあれ相手に負傷させた場合はお見舞いに行くより他はありません。
交通事故がトラブルに発展しますのは、加害者の誠意の無さが原因でしょう。
加害者が謝らない事は、被害者の感情を損ね後々ペナルティになって跳ね返ってしまいます。
では交通事故の加害者はどの様に謝罪をすればよいのでしょうか?
なるべく早い段階で、一人ではなく担当者と手土産持参で行くのが良いでしょう、言質を取られないよう出来るだけ保険会社の人間に同行して貰うのが良いでしょう。

Copyright(c) 2013 交通事故経験者が語る、これがリアルノウハウ!All Rights Reserved.