banner

最近の投稿

交通事故の示談

交通事故の示談の金額について


交通事故の民事的な対処については、通常被害者本人と加害者側の保険会社の担当者との間で取り交わされるのが一般的です。しかし、交通事故により後遺障害が出て等級がついた場合には、示談金の金額に不服を感じるケースも少なくありません。というのも、交通事故の示談金の支払いは、自賠責でおりる金額と保険会社が独自に負担する金額に分かれてますが、保険会社は基本的に、自賠責で支払われる部分についてしか提示しないからです。そのため、交通事故に詳しい弁護士に代理を依頼して交渉した場合、当初提示された和解金よりもかなり増額されることも珍しくありません。また、交渉では話が進まずに訴訟まで移行することもありますが、これによってある程度後遺障害が残った人に、数百万円の増額が認められたというケースも数多くあります。特に後遺障害の等級が高くなるほどこの差が顕著になってきますので、重症になった人は早めに弁護士に相談に行きましょう。

交通事故の慰謝料や治療費

交通事故の被害者になった場合、加害者からは損害賠償金や慰謝料、休業補償、治療費、代車費用など様々な内訳で支払いを受けることができます。基本的に、慰謝料などの金額の確定が必要なものに関しては、交通事故の示談は被害者が症状固定になってから和解金額を算定するという流れになっていますが、治療費や代車費用といったものは金額がわかりやすいですし、被害者に立て替えをさせるには高額になることもありますので、直接保険会社から病院やレンタカーの会社などに費用が支払われます。そのため、被害者は治療を受ける病院が決まったらすぐに加害者側の保険会社の担当者に連絡を入れるとともに、病院窓口にも担当者の使命を伝えておくと手続きがスムーズに運びます。なお、交通事故の場合は保険証の提示は不要です。事故の直後は異常を感じないほど神経が高ぶっていることが多いですが、あとから痛みが出ますので、できるだけ速やかに診察を受けるようにしましょう。

逮捕基準は明確か


交通事故を起こした場合、逮捕基準が明確にあるかというとはっきりとはないです。もちろん酩酊状態など飲酒で起こした場合や公務執行妨害などの場合や、相手が死亡した場合などの場合には逮捕される場合はあります。あきらかにこれからの捜査において問題がある場合や悪質であるかどうかかポイントです。もし逮捕されたりした場合は、弁護士に頼める場合は即、交通事故の弁護士をあいだに挟んだほうが良いです。その際に証言があきらかに違う場合など信用されにくい場合は、拘留が長くなる可能性があります。

証言に正当性があって信頼できる場合は、死亡交通事故であっても早期の釈放か逮捕されないで在宅起訴などになる可能性が高いです。信用出来るかどうかは、証拠隠滅につながらないか大きな判断の材料になるので交通事故の時の身柄の状態に大きな違いを出します。
また弁護士の力も大きいので交通事故に強い弁護士を頼むことが、身柄が自由になるかどうかの違いに大きく関わってきます。リンクは私のお勧めです。実際依頼しましたが良心的で専門的な知識も豊富でした。

交通事故の相談や交渉

交通事故に遭った時、基本的には被害者本人と加害者側が加入している保険会社の担当者が、示談を進める形になります。
しかし、交通事故の場合は過失割合や怪我などの自覚症状など、あいまいな部分もありますので、保険会社が提示してくる示談内容について、被害者側が納得できないことも多々あります。
このような場合、交通事故に詳しい専門家に相談したり、交渉を依頼すると、予想以上に高額の支払いになる可能性もあります。
確実に手続きを代理してもらえるのは弁護士で、都会には交通事故に関する手続きを中心に扱っている事務所もたくさんありますが、やはり若干費用が掛かります。費用を安く抑えたいと考えているのならば、簡易裁判所の代理権を持っている認定司法書士に依頼することも可能です。

ただし、司法書士の場合は簡易裁判所で扱える140万円までの交渉になりますので、相談の結果より高額の請求になる場合には、弁護士に改めて手続きを依頼するようになります。

Copyright(c) 2014 交通事故経験者が語る、これがリアルノウハウ!All Rights Reserved.