banner

逮捕基準は明確か


交通事故を起こした場合、逮捕基準が明確にあるかというとはっきりとはないです。もちろん酩酊状態など飲酒で起こした場合や公務執行妨害などの場合や、相手が死亡した場合などの場合には逮捕される場合はあります。あきらかにこれからの捜査において問題がある場合や悪質であるかどうかかポイントです。もし逮捕されたりした場合は、弁護士に頼める場合は即、交通事故の弁護士をあいだに挟んだほうが良いです。その際に証言があきらかに違う場合など信用されにくい場合は、拘留が長くなる可能性があります。

証言に正当性があって信頼できる場合は、死亡交通事故であっても早期の釈放か逮捕されないで在宅起訴などになる可能性が高いです。信用出来るかどうかは、証拠隠滅につながらないか大きな判断の材料になるので交通事故の時の身柄の状態に大きな違いを出します。
また弁護士の力も大きいので交通事故に強い弁護士を頼むことが、身柄が自由になるかどうかの違いに大きく関わってきます。リンクは私のお勧めです。実際依頼しましたが良心的で専門的な知識も豊富でした。

交通事故の相談や交渉

交通事故に遭った時、基本的には被害者本人と加害者側が加入している保険会社の担当者が、示談を進める形になります。
しかし、交通事故の場合は過失割合や怪我などの自覚症状など、あいまいな部分もありますので、保険会社が提示してくる示談内容について、被害者側が納得できないことも多々あります。
このような場合、交通事故に詳しい専門家に相談したり、交渉を依頼すると、予想以上に高額の支払いになる可能性もあります。
確実に手続きを代理してもらえるのは弁護士で、都会には交通事故に関する手続きを中心に扱っている事務所もたくさんありますが、やはり若干費用が掛かります。費用を安く抑えたいと考えているのならば、簡易裁判所の代理権を持っている認定司法書士に依頼することも可能です。

ただし、司法書士の場合は簡易裁判所で扱える140万円までの交渉になりますので、相談の結果より高額の請求になる場合には、弁護士に改めて手続きを依頼するようになります。

Copyright(c) 2014 交通事故経験者が語る、これがリアルノウハウ!All Rights Reserved.