banner

責任が重い交通事故


以前よりも年間の死亡事故件数が少なくなっていてはいますが、交通事故で毎年5000人近い人が命を落としてしまっています。
交通事故を起こしてし相手の命を奪ってしまった場合、遺族に対して償いきれいない責任を負ってしまいます。
また、車を運転していて同乗者を怪我させたりしてしまった時にも責任を負うことになります。
若い人に中には車を運転するときに車は凶器であり、交通事故によって被害者だけではなく加害者である自分や自分の身の回りの人の人生を台無しにしてしまう自覚が低い人が多いので、若い人たちを中心にそういったリスクについて注意喚起することが大切だと言えるでしょう。
また、罰則が厳しくなり運種運転を行う人の数は減ってはいますが、まだ飲酒運転を行っている人がいるので、さらに飲酒運転の危険性についての啓蒙活動は必要でしょう。
自転車についても交通事故の加害者になる場合があるので、運転時に携帯電話を操作したり、よそ見をして運転したりしないことが必要です。

Copyright(c) 2013 交通事故経験者が語る、これがリアルノウハウ!All Rights Reserved.