banner

交通事故裁判


交通事故裁判にも、大きく分けて3つに別れます。逮捕基準は明確はそれぞれありますが、大きく分けて交通死亡事故、交通人損事故、交通物損事故の3つが有ります。交通死亡事故は、確実に刑事裁判になりますので間違いなく量刑が言い渡され、前科も付きます。
しかし被害者が死亡してますので、遺族のいない被害者の時はそんなに時間はかかりません。物損事故も、そんなに時間はかかりません。
問題は、遺族のいる交通死亡事故と交通人身事故は、交通事故の中で時間はかかります。どちらの交通事故裁判においても、割合にもよりますが間違い無く損害賠償請求が行われます。
特に交通人身事故の場合は、後遺症等級や診断が出るまで時間がかかりますので、賠償額の決定までにもかなりの時間が掛かります。交通死亡事故も遺族によっては、損害賠償請求される事も有りますので折り合うまで時間が掛かる事も有ります。しかし1番時間が掛かるのは交通人身事故で、障害認定や後遺症認定、治療している間の補償等争点が沢山有るので、弁護士の腕も大きくものを言ってきます。交通事故の裁判費用についてもわからないことなど多くありますので、起こらないことが一番良いですが、備えることも大切です。

Copyright(c) 2013 交通事故経験者が語る、これがリアルノウハウ!All Rights Reserved.